フリーランスの老後対策

subpage01

会社員という働き方が一般的な中、最近ではフリーランスという働き方もだいぶ世の中に浸透してきました。
しかし、いろいろな社会制度などを見るとまだまだフリーランスには優しくない部分もあります。
その代表的なものが老後の生活資金対策です。


会社員であれば厚生年金に加入していますから、ある程度の期間を会社員として働いていれば老後は比較的手厚い年金収入が見込めます。一方、フリーランスの場合は基本的には国民年金だけになってしまうので、厚生年金に比べるとその額はかなり少なく、特に都市部ではそれだけで生活していくのは厳しいというのが現状です。



そこで、老後に豊かな生活を送るためには自分できちんと対策をとっておく必要があるのです。


そう聞いて思い浮かぶのはまずは貯金でしょう。


これは老後のためにはもちろん、突然の病気やケガといったトラブルの際にも必要ですから、ある程度はもちろん大切です。

しかし、老後対策という意味ではもっと効率的な方法があります。それが個人年金です。

個人年金にはいろいろな種類がありますが、保険会社が提供しているのでいろいろと比較してみるといいでしょう。
貯蓄に比べて税制面で優遇があるのがメリットです。



さらに国民年金基金ならば民間の個人年金に比べて税制面でさらに優遇されるので、難しくてよくわからないという方はまずは国民年金基金への加入を検討してもいいかもしれません。



ただし、国民年金基金の場合は原則として一度加入すると解約ができないという点で注意が必要です。


基本知識

subpage02

例えば、自分が会社に勤めているのであれば、毎月決まった日に支給される給料を頼りに生活をすることになります。毎月確実に決まった金額が入ってくると言う保証があるからこそ、それを当てにしてローンを組むこともあるでしょう。...

NEXT

耳より情報

subpage03

フリーランスになる前は、時間を自由に使うことができ働きたい時に働いて休みたい時に休めると思っている人も多いものですが、実際は働きたくない時に働き休みたくない時に休むということになってしまいがちです。常に仕事がある働き方ではありませんから、本人の意思とは無関係にやる気があっても仕事が無いことがあり、やる気が無い時に仕事がたくさんあるということも珍しくありません。...

NEXT

専門知識

subpage04

フリーランスとして生きていくためには、苦手な仕事であっても積極的に引き受けることが大切なことになります。どう考えても専門外のことであり、作業を完了することが難しいというものを安易に引き受けるのは信用を落とす元ですから安請け合いは禁物ですが、逆に苦手だと思うぐらいのものを全て断っていてもフリーランスとしての成長はありません。...

NEXT

予備知識

subpage04

多くのフリーランスというのは仕事を選んではいられない状況であることが多いのですが、その一方で将来のことを考えると仕事は選ばなければならないものでもあります。フリーランスにとって仕事があるということはこの上ない幸福なことではあるのですが、将来的に損になるような仕事は引き受けるべきではありません。...

NEXT